看護師の単発派遣と紹介予定派遣の体験談

派遣看護師で老人ホームの仕事をした体験談。やりがいとイマイチだった点、注意点、どんな人なら向いている?

派遣の仕事って、沢山あってどれを選んで良いか迷いますよね。中でも、派遣で老人ホームの案件って結構あるんです。

私の場合は、妊娠をしてから老人ホームでの派遣業務を始めたのですが、その体験談をお話したいと思います。

担当:えりんこ

老人ホームでの派遣看護師の仕事とは?

老人ホームでの看護師の役割は、入居者さんの健康状態を把握・管理して、何かあったときに対応することが主な仕事になります。

一日の流れとしては、バイタルチェックをして(これはスタッフさんがしてくれる施設もありますが)利用者さんの健康状態の把握、入浴可否の判断、服薬管理、排便管理、食事管理が主となります。

そのほかにも、派遣先の老人ホームによってはCVポートの管理や点滴の実施、胃瘻や経管栄養の管理が必要な場合もあるのでその対応のも必要ですし、場合によっては医師の往診の介助も必要になります。

食事介助を必要とする施設もあります。

私は夜勤の経験がないので大まかにしか分かりませんが、夜勤がある場合は日常生活の介助に加えて夜間せん妄などの対応や、夜間でトラブルや急変などがあった時に対応が必要になります。

また、老人ホームには医師は常駐していません。そのため、急変時は看護師の判断や対応が必要になります。

入居者さんの生活を預かっているため仕事内容は多岐にわたりますが、比較的時間にゆとりがあり、身体への負担は少ないかと思います。

私は、妊娠中で体力に自信がなかったので老人ホームへの派遣の仕事を主に行っていました。

おそらく、病院で勤務しているよりもゆったりとすごせたのではないかと思います。

病院で勤務をしていると、どうしても忙しくて切迫流産になりやすくなる場合が多いですよね。

その点、老人ホームでは仕事に比較的余裕があるため、空いている時間は入居者さんと話をして、おなかの赤ちゃんを可愛がって戴くことも多かったです。

また、私が派遣された施設の多くは常勤看護師が1名以上居る場所だったので、私一人で判断や対応をすることはなく常勤看護師から指示を仰いで仕事を行っていました。

早番や遅番などで数時間は一人の勤務になることもありましたが、何かあれば常勤看護師と連絡を取って指示をもらうことも出来る環境でした。

正直なところ、初めて派遣された場所で一人きりで勤務することって怖いですよね。

利用者さんがどのような疾患で何に気をつけなければいけないのか全くわからないですし、そもそも大量の情報を派遣されてすぐにはとれません。

病院の様に治療が主ではないけれども入居されている方の多くは高齢なので何かしらの疾患を持っていることはあるかと思います。

その点、常勤の看護師が一緒に勤務をしてくれるような施設を選択すれば、自分に負担なく働けるかと思います。

老人ホームでの仕事のやりがい

病院は治療を行う場所なので、患者さんの体調が良くなったり退院をしたりすることにやりがいを感じることが多いかもしれません。しかし、老人ホームは治療を行う場所ではなく生活の場なので、入居者さんが生活しやすい環境作りが主となります。病院と違って比較的時間がゆったりと流れている老人ホームでは、入居者さんと話をする時間が沢山あり、会話をする時間を設けることで入居者さんが笑顔になったり刺激になったりすることはとてもやりがいがありました。自分の家であり生活の場であるとはいえ、外に出ることにも制限があったり、介助がなくては移動が出来なかったりする方も多いため、会話などで少しでも刺激になっていたのではないかと思います。

また、老人ホームには認知症の入居者さんも沢山います。看護師やそれ以外のスタッフとともに、認知症の入居者さんの行動改善が出来るととても嬉しいですし、なによりスタッフさんの経験が豊富であることが多いため、認知症の方への対応はとても勉強になります。以前、女性の認知症をもっている方に化粧セットを渡したら徘徊がなくなったということがありました。徘徊の時間を化粧に費やすようになったからです。これは、スタッフが他の入居者に対応出来る時間もとれますし、何より入居者さんも好きなことが出来て嬉しかったのではないかと思います。このように、老人ホームは多くのことが学べる場所だと思います。

老人ホームの仕事でイマイチだったとこと

逆にイマイチだなと感じた部分は、同じ派遣先のグループ施設でも仕事内容や質にばらつきがあったことです。老人ホーム間であまり情報共有がされていないのか、仕事の仕方はその場所の常勤看護師ありきになってしまいます。私が対応に関して疑問を抱いても、あくまで派遣看護師という立場なので意見を言えずにもやもやした経験もありました。

老人ホームで働く上での注意点

老人ホームには常勤看護師が居ることが多いとはいえども、ある程度の知識や技術を持って判断や対応が必要になります。そのため、病院などで少し経験を積んである程度のスキルをもって勤務する方が良いかと思います。

看護師で老人ホームの仕事に向いている人

老人ホームは、医師の往診や入居者さんの対応などで忙しいときもありますが、そうでなければ比較的落ち着いて過ごせます。病院である程度の経験を積んで病院の忙しさに疲れてきたという方がいるのであればお勧めのお仕事だと思います。ただし、今まで忙しかったことに慣れている場合は、もしかしたら物足りなさを感じてしまうこともあるかもしれません。

また、入居者さんと関わる時間が多くなるため、年配の方とコミュニケーションをとることが好きな方にはお勧めの仕事だと思います。

看護師 派遣求人サイトでおすすめはココ

ナス夫
派遣で働く看護師さん複数名に話を聞いて、評判がよかったのが下記の派遣サイトになります。

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)<派遣専用>

業界最大級の「非公開求人」あり!
時給2500円の高時給求人や勤務先が保育園のレアな求人もあるのが、レバウェル看護<派遣>

ただし地域が
・東京・神奈川・埼玉・千葉
・大阪・京都・奈良・兵庫
・愛知・静岡

に限定されている点に要注意。

 

対応の地域が限られていますが、範囲内であれば各地域ごとに専任のコンサルタントがいるので、「地域密着型」の提案ができることが強み。

実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえた提案があるのが注目のポイントです。

また、無理に派遣先を勧めることはないというのも、ありがたいですね。

MCナースネット

非常勤(派遣や単発)の求人に強く、しかもそれが地域限定ではなく、全国の求人を取り扱っているのがMCナースネットの強み。

全国25拠点で展開しているため、都市部はもちろん地方ニーズにも対応。

看護師さんに特に人気のある健診の派遣案件や、夜勤の無い企業求人が豊富です。

常勤だけでなく、期間派遣、スポット派遣、単発バイト、パート等の非常勤を含む全ての雇用形態を扱うので、1人1人の生活に合った求人の提案をしてもらえるのがありがたい。

保健師さん向けの、企業や学校の案件も多くあります。

看護roo!派遣

看護roo派遣の推し5ポイントがこれ

  1. 社会保険完備、有給休暇付与
  2. もしもの時も安心。看護賠償保険に無料で加入
  3. 派遣先で起きた「困ったこと」は看護roo!が解決
  4. 職場の内情がわかった上で派遣先を決められる
  5. 派遣が初めてでも使いやすい
1.社会保険完備、有給休暇付与

社会保険の加入と、6ヶ月継続勤務で8割以上出勤された方を対象に有給休暇の付与あり。

2.もしもの時も安心。看護賠償保険に無料で加入

誤って患者さんを傷付けてしまったり、患者さんの持ち物を壊してしまったとき、代わりに賠償してくれる看護賠償保険に無料で加入。
だから、安心して業務に専念することができます。

3.派遣先で起きた「困ったこと」は看護roo!が解決

派遣先は安心して働ける場所のみをご紹介します。
ですが、万が一、仕事中にトラブルに巻き込まれたり、残業を断りにくい・休みを取りづらい、といった状況が発生してしまった場合も、看護roo!が派遣先と直接交渉し、あなたの立場を守りながら迅速に解決してくれます。

4.職場の内情がわかった上で派遣先を決められる

看護roo!は首都圏のあらゆる医療機関の内部情報を網羅。
派遣先の情報は良いことも悪いことも、雰囲気や人間関係含め、全て事前に知ることが可能。

5.派遣が初めてでも使いやすい

看護roo!の派遣利用者のうち、8割以上は派遣で働くのが初めてな方々。なので、派遣と常勤の違いや、お給料の支払い方法、職場での注意点など、大切な情報をまず最初にしっかりと説明してくれます。派遣の知識が全くない場合もご安心を!

派遣先を紹介した後も、就業初日に看護roo!が職場へ同行。
その後も、困っていることはないか、月1回を目処に派遣先に伺うから安心です。

 

強みが多い看護roo派遣なのですが、残念なのが対応地域が狭いこと。
東京・神奈川・千葉・埼玉 の1都3件のみです。

1都3県に住んでいる看護師が派遣で働くなら、まずここに登録は必須ですね。

-看護師の単発派遣と紹介予定派遣の体験談