派遣での働き方を選んだ看護師の話

病院勤務から派遣で働くことにした経緯や理由。20代妊婦ナース。

もうこんなところで働くのは嫌だ、と考えている看護師さんも結構いるのではないかと思います。看護師の仕事って場所によっては過酷だと思います。

そんな私も、あるきっかけがあって病院勤務から派遣の看護師として働くことにしました。参考になればと思います。

担当:えりんこ

私が派遣の看護師に切り替えた理由

病院で働いていると、なかなか辞めさせてもらえないですよね。退職希望をしてから1年たっても辞められなかったり、数年経過しても引き留められてしまってなかなか辞められなかったり。そんなことは良くあることだと思います。

私の場合、夫の仕事に伴う転居によって、退職届を出しました。そして、次の職場の病院も決めていたんです。

ところが、転職目前にして妊娠が発覚し、結局内定が決まっていた病院へ転職ができなくなりました。最初から教育をするのも大変なことだし、相手が妊婦となれば尚更ですよね。

でも、出産までは数ヶ月も残っているし、日中の空いている時間が暇になってしまう。急に動かなくなるときっと太るし、まだ働けるのにもったいない・・・そう考えた私は、派遣の看護師として勤務することを選びました。

 

派遣の看護師としての働き方

どうして派遣の看護師として働くことを選んだのか、それは自分の体調や希望に合わせて勤務ができるからです。

派遣の仕事には、勤務先が沢山あります。老人ホームであったり、デイサービスであったり、検診の仕事であったり、訪問入浴の仕事だったり、仕事内容は多種多様にあり、単発での勤務も選べるので毎回違う場所での勤務も希望できます。

私の場合、出産までに徐々に体力が持たなくなってくるだろうし産後に復職を検討するだろうと想定して、老人ホームやデイサービスなどの体力をあまり必要とせずに観察を主として働ける環境を希望しました。検診は、採血が苦手だったので希望しませんでした。

そして単発での勤務だったので、負荷が多いなと感じたり大変な人が多いと感じた場所は1回きりにして出来るだけ働きやすい場所を継続しました。自分に合わない職場で続けることはストレスになって赤ちゃんに負担になると思ったからです。

 

また、シフトを自分で決めることができるので、体に負担のかかる連続勤務を避けたり、自分に予定があったり体調が優れなかった時に勤務を避けたりできる派遣の仕事はもってこいでした。

病院で働いていたら、体調が悪くてもなかなか休めないことが多いですし、他の看護師に迷惑をかけてしまうこともありますよね。

実際、妊娠3~6ヶ月までは、毎月半月程度は働いていましたが、7ヶ月目に入ると貧血が進行して体力が持たなくなってきたので、派遣の仕事もお休みすることにしました。

私は出産後はしばらくしてから病院勤務に戻ろうかと考えています。ですが、急に病院勤務を行っては体力が持たないと思うので派遣のお仕事を少しずつ増やして身体や頭を慣らしていこうかと考えています。

 

妊婦でも派遣会社登録可能か? という点では

派遣のお仕事は、自分の生活状況に合わせて勤務希望が選べます。ただし派遣会社も沢山あって、今回の私のように妊娠した看護師を受け入れ可能な派遣会社もありますし、何かあったときに責任がとれないと断わられる派遣会社もあります。

もし、面倒でなければ、いくつかの派遣会社に登録してもいいのかもしれません。

 

えりんこ

実際に派遣で働くまでに、どんな流れで仕事を探していったのか?

 

派遣の看護師として働いている人って、身近になかなか居ないことが多くて実態がつかめませんよね。実際に派遣で働いている人が居ても、掛け持ちで仕事をしている場合は内緒にしている人も多いので身近にいるかどうかわからないケースが多いのではないかと思います。

派遣のお仕事を始めるにあたってどのような流れで仕事を探していったのか、私の場合ですが参考になればと思います。

まずは看護師専門の派遣会社サイトに登録

派遣会社はいくつかあるので、自分に合いそうだなと思う会社に登録をします。派遣会社の探し方は、「看護師 派遣」などで検索をすると沢山の派遣会社出てきます。

ですが、沢山ありすぎてどこに登録をして良いかわからないんですよね。私の場合は、インターネットの口コミを参考にしました。

もし周りの友人などで派遣の仕事をしている人がいるのであれば、その友人から紹介してもらうとどんな仕事なのかわかりますし、紹介による待遇が受けられることもあります。

派遣会社に関して、インターネットで調べる限りでは違いがよくわからなかったので、私はいくつかの派遣会社に登録をしました。派遣で働いている人でいくつかの会社に登録している人は、実際多いようです。

登録が済んだら、派遣会社で担当の人と面接をします。自分の希望の働き方や仕事内容、可能な通勤時間、自分の習得済みの技術を伝えて、それに合った仕事を紹介してくれるよう依頼します。

 

仕事の選び方。どう派遣先の仕事を選ぶか。

どの会社でも、大抵はメールで希望に添った案件を紹介してくれます。私の場合は、1時間程度の通勤時間で、重たいものを持つことが少なそうな老人ホームやデイサービスを予め希望していたので、その条件に合った場所を紹介してもらいました。

体力に自信のある方で時給を優先して考えたいのでしたら、訪問入浴の仕事は重いものを持ちますが時給は良いのでお勧めです。

他にも、単発での勤務ではなく数ヶ月の短期間派遣勤務を紹介している場合もありますし、派遣として勤務しながら良ければそのまま雇用してもらえる勤務先もあります。

でも、そもそも働き始めるときって、ある程度の仕事内容が提示されていても、どの勤務地で働いていいかわからないですよね。私もそうでした。

なので、最初は勤務時間の長さや、勤務開始終了時間、時給などをみてどの場所で働くか決めました。

正直なところ、派遣会社の担当の人は勤務内容は大まかに知っていても雰囲気などの勤務状況は詳しくわかりませんので、曖昧な返答が返ってくることもあります。

一回働いてみなければその場所の雰囲気や仕事内容はわからないので、とりあえず働いてみた後に自分の働きやすい職場をリピートすることにしました。

何度か同じ場所で働くと、職場のスタッフさんにも利用者さんにも覚えてもらえますし、次第に働きやすくなってきます。

働きやすいなと感じた職場がある一方で、働きにくいと感じる職場も必ず出てきます。そのような場合は、派遣会社の担当の人に希望しない旨を伝えてその施設に関して連絡をもらわないようにすることも可能です。

案件の案内に関しては適宜変更も可能なはずなので、働いていて自分に合う部分や合わない部分がでてきたら、それに併せて担当の人に希望を伝えていくことをお勧めしましょう。

まとめ

結局のところ、老人ホームでもデイサービスでも、業務内容や雰囲気によっては合う人や合わない人がいると思います。

同じ系列の施設でもやり方がちがってやりにくかった、なんていうことは良くあります。

最初の何もわからない状態の時は少し大変に感じるかもしれませんが、様々な施設や会社を知ることができる良い機会だと思います。

是非いくつかの職場を経験して、自分に合った働き方を探してくださいね。

 

えりんこ

看護師 派遣求人サイトでおすすめはココ

ナス夫
派遣で働く看護師さん複数名に話を聞いて、評判がよかったのが下記の派遣サイトになります。

看護のお仕事<派遣専用>

業界最大級の「非公開求人」あり!
時給2500円の高時給求人や勤務先が保育園のレアな求人もあるのが、看護のお仕事<派遣>

ただし地域が
・東京・神奈川・埼玉・千葉
・大阪・京都・奈良・兵庫
・愛知・静岡

に限定されている点に要注意。

各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで「地域密着型」の提案ができることが強み。

実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえた提案があるのが注目のポイントです。

また、無理に派遣先を勧めることはないというのも、ありがたいですね。

MCナースネット

非常勤(派遣や単発)の求人に強く、しかもそれが地域限定ではなく、全国の求人を取り扱っているのがMCナースネットの強み。

全国25拠点で展開しているため、都市部はもちろん地方ニーズにも対応。

看護師さんに特に人気のある健診の派遣案件や、夜勤の無い企業求人が豊富です。

常勤だけでなく、期間派遣、スポット派遣、単発バイト、パート等の非常勤を含む全ての雇用形態を扱うので、1人1人の生活に合った求人の提案をしてもらえるのがありがたい。

保健師さん向けの、企業や学校の案件も多くあります。

パソナメディカル

パソナは人材派遣業として長く、30年以上の安心と独自ノウハウが強み。

「日勤のみ」「残業なし」や、病院、企業、医薬関連企業まで幅広い勤務先から選べます。

パソナメディカルは、
トラベルナース・ツアーナースが特に充実!

-派遣での働き方を選んだ看護師の話